本日天気晴朗なれど株安し

経済音痴のオッサンが始める優待生活

丸三証券(8613)から優待品が到着

    独立系で中堅の証券会社、丸三証券より2019.3期分の優待として海苔が届きました。山本山の「焼き海苔」と「味付け海苔」の2缶です。権利取得から半年後の到着と時間がかかりました。米なら「新米」ということでわかるんですが、海苔も「一番摘」とか「新海苔」なんでしょうか。まあ、海苔は大凶作ということなのでありがたいです。

f:id:shimadaya264:20191019143520j:plain

「上から読んでも山本山、下から読んでも山本山」のCMが懐かしい

 「海苔」って日本人には欠かせない食材と思うんですけど、「海苔」を優待品にしているところはカタログギフトを除けばあまりありません。あっても、例えば大森屋(2917)は1,000株からと投資金額が大きくなるので、気軽に手が出せないです。
 その点、丸三証券は株価が500円前後ですし、100株で優待品がいただけるのでお手軽です。少し前までは、中堅の証券会社の中でも対面主体の営業スタイルながら業績を伸ばしていました。しかし、オンライントレードが主流となり、また世界経済の減速傾向といった外部環境の影響もあってここ数期は減益減配続きで、株価も大きく下落しています。投信やリートに力を入れつつ業績の回復を図っています。もともと「マルサントレード」というオンライントレードシステムも持っており、こちらの方にも力を入れるようですね。
 業績悪化ということで優待もいつ廃止されるかもしれないという不安もありますが、個人投資家を大切にして信頼を築いてきた証券会社のようですので、紋切型の廃止はないのでは・・と思いたいです。
 投資妙味という点では、魅力が薄いように思いますが、100株押さえるなら今がチャンスかも・・。

 

☆海苔がもらえる優待(一部カタログ含む。銘柄末尾は10/20終値)

①シノブフーズ(2903) 3月末500株で有明海苔1缶  677円/株
②大森屋(2917) 3・9月末1,000株で3月は3,000円分味付け海苔9月は自社製品 808円/株
③東洋合成工業(4970) 3月末500株でカタログから選択  2,910円/株 
マックスバリュ西日本(8287) 2月末100株で①割引券②いかなごくぎ煮③味付け海苔の三択 1,705円/株
エア・ウォーター(4088) 3月末1,000株でカタログから選択 2,009円/株
⑥バイタルケーエスケー(3151) 3月末1,000株でカタログから選択 1,064円/株

 

 他にもカタログキフトで海苔がもらえる優待はいくつもありますが、カタログギフトの場合、他に欲しいものがありすぎて、「海苔」って余り選ばないんじゃないですか。
ちなみに、上の6社のうち下4社の優待品は、選択肢として必ず「海苔」が入っている訳ではなく、年によって替わる場合もあるようです。いずれにしても投資金額が少し高く、「お手頃感」は丸三ほどありません。

 明日は、この前アマナの優待でもらった新米「きたくりん」を炊いて、頂いた海苔をお供に朝飯の予定です。楽しみだわ~😊 ではまた。