本日天気晴朗なれど株安し

経済音痴のオッサンが始める優待生活

味の素(2802)と北日本銀行(8551)よりの優待品

 マタベエです。庭木を剪定中に腰が「ピキッ!」 ぎっくり腰で座るのもつらい状態でブログの更新もままなりませんでした。ようやく座位が取れる状態まで回復しましたが・・治りが遅い・・歳は取りたくないもんですねぇ~😞

《味の素》

 7/22 「Eat Well Live Well」でおなじみの味の素(2802)より2020.3期分の優待品が届きました。奥さん所有銘柄です。味の素の優待は年一回。3月末の権利確定ですが、6カ月以上継続保有の株主にのみ贈呈されます。100株以上で1,500円相当、500株以上で3,000円相当、1,000株以上で4,000円相当の自社グループの商品が貰えます。1,000株以上なら3年以上の継続保有で7,000円相当の品にグレードアップします。

我が家は100株の保有ですので1,500円分の商品ですが、日々の食生活に役立つものばかりです。特に「コンソメ」は万能なのでありがたいです。

f:id:shimadaya264:20200729163356j:plain

 味の素はグルタミン酸ナトリウムを主成分とするうま味調味料の製造販売から大きくなった会社ですが、今や「味の素」「クノール」「ほんだし」「クックドゥ」「コーヒー飲料類(AGF)」「アジシオ」などグループの商品は、どこの家庭の食卓にも必ずと言っていいほど顔を出しており、日本人の豊かな食生活の一旦を担う存在になっています。そうした「生活密着型の銘柄だから大崩れはないだろう。」という見込みで奥さんが取得した銘柄です。コロナの影響が心配されましたが、7/30の第一Q決算では、売り上げ、営業利益とも通期予想を上方修正しており、ホッとしました。巣ごもり需要に加え販管費等の縮減が思いのほか大きいようです。

 

北日本銀行

岩手県盛岡市に本拠を置く第二地銀北日本銀行(8551)より、7/22に2020.3期分の優待品としてカタログより選択していた「花削りこんぶセット」が届きました。北日本銀行の優待は年一回。3月末100株以上の保有で、オリジナル優待カタログより3,000円相当の地場商品を選ぶことができます。ただし、2021.3期からは1年以上の継続保有が条件となりました。

 実はこの銘柄は、ブログをいつも拝見している「プーちゃんさん」の記事を見て「良さそうやなぁ~。」と食指が動き、来年から1年継続保有の条件付きになるということもあって取得に踏み切りました。検討の段階では、他に「みちのく銀行」や「青森銀行」も取得候補でしたが、財務状況やカタログの内容なども参考に北日本銀行に決定しました。(もっとも北日本銀行も含めて3行とも財務状況は芳しくなく、予測通り含み損を抱えることになっていますけど😞)

f:id:shimadaya264:20200729163416j:plain

f:id:shimadaya264:20200729163449j:plain

地方色豊かな物産がずらり

 カタログは地場産品中心で目移りがします。私は「アイスクリーム」か「ソーセージ」にしたかったんですが、奥さんに提案すると敢え無く却下。「いろいろ利用できるから。」ということで「花削りこんぶセット」に落ち着きました。届いたのは「花削りこんぶ」と「かつおこんぶ」のセット。冷奴に吸い物にと、色々バリエーションが楽しめそうです。ありがとうございました😊

f:id:shimadaya264:20200729163507j:plain

バリエーションは無数?

 地方銀行にも地銀協加盟の地方銀行と第二地方銀協加盟の第二地方銀行があります。正直、違いについては私は詳しくはありません。第二地銀の殆どがかつて「相互銀行」と呼ばれており、取引先や取扱商品の違い、経営規模や商圏によって分類されていたということくらいです。ただ、0金利に加え様々なリスクでどの地銀も経営は厳しいようで、生き残りをかけ合従連衡が盛んです。地銀の優待にはカタログギフトも多いのですが、優待廃止や条件付与などリスクが高くなっているので、注意したいところです。

 


 

Cominix(3137)とエクセディ(7278)からの優待品

 コロナ感染者の増加は止まりません。専門家も意見が分かれていたり、変わってきたりしています。どんなに「要請」をしても、要請が要請である以上、一定割合でルールを守らない者や無視する者がいるのだという前提で対策を立てて欲しいと思います。メディアも情報番組とエンタメ・バラエティ番組をごっちゃにした情報垂れ流しはやめて欲しいです。今の混乱を招いている責任の一端は、一部メディアの報道姿勢にもあると私は思っています。欧米と中国の摩擦も大きくなってきて、相場にとってはマイナス材料が多すぎますね。ワクチンの開発や米大統領選を考えるとグローバルな経済活動の回復が望めるのは年末年初以降ということになるのでしょうか。

《Cominix》

 7/17、切削工具や耐磨工具の専門商社Cominix(旧大阪工機)より、2020.3期分の優待品としてカタログから申し込んでいた「博多華味鳥カレーセット」が届きました。  Cominixの優待は年一回。3月末の権利確定で、200株以上の保有で2,000円相当、2,000株以上の保有で4,000円分相当の商品をオリジナルカタログから選ぶことができます。従来のカタログは、支店や事業所がある国々の産物から選ぶものでしたが、選択肢が少なく、また私のようなメイドインジャパンの信奉者にとっては、なかなか選びにくいラインナップでした。が、嬉しいことに今回からカタログがグレードアップ。品数内容とも充実し、グッと選びやすくなりました。丁度常備のレトルトカレーが切れかかっていたので、カタログを見て美味しそうなチキンカレーのセットにしてみました。普段は業務スーパーで買ってきた「ハチカレー」(関西の方は知ってる方も多いと思います。安くて量もたっぷり。)で済ませていますが、たまには高級感のあるレトルトカレーもいいもんです。

f:id:shimadaya264:20200717135738j:plain

今年から優待カタログがグレードアップ

f:id:shimadaya264:20200717135807j:plain

f:id:shimadaya264:20200717135753j:plain

f:id:shimadaya264:20200718103254j:plain

普段食べているカレーよりハイクオリティだ

株価のほうは残念ながら、米中摩擦とコロナのダブルパンチで600円台まで下落。自動車産業の回復や企業の投資意欲が回復しないと上昇は望めません。カタログの内容がいまいちだったので、昨年の優待権利確保後に損切りも考えたんですが・・。カタログが少し充実したので「ホールド」に切り替え、併せて株価の回復も待つことにしました。(👼単純なヤツぢゃな!)

   7/23にいただいたうちの「手羽元カレー」をいただいてみました。

f:id:shimadaya264:20200722204840j:plain

器がワンコのエサ入れみたいでスンマセン

手羽元もしっかり入っていてスパイシーなチキンカレーで美味しかったです。

《エクセディ》

 大阪府寝屋川市に本社を置く自動車部品メーカーのエクセディから2020.3期分の優待品として申し込んでいた「フライパン」が7/18に到着しました。エクセディの株主優待は年一回。3月末の権利確定で100株以上の保有株主に優待カタログが贈呈され、3,000円相当の商品と交換することができます。我が家は奥さんが前から欲しがっていた直径20㎝のIH対応フライパンがあったので、申し込んでいました。カタログ優待を導入している企業は多いのですが食品中心のカタログが多く、日用品雑貨類まで幅広く選べるカタログ優待はそんなに多くはありません。私の持ち株の中では、これまでコシダカHDとエクセディのカタログ優待で食品以外の日用品をもらっていましたが、残念なことにコシダカHDが昨年のスピンオフを機にカタログ優待を廃止してしまいました。

f:id:shimadaya264:20200706202827j:plain

食品から日用雑貨まで・・分厚いタカログだ

f:id:shimadaya264:20200722204708j:plain

茂出木シェフは相変わらずクロい。

封を開けて・・と。おや?  見覚えのある色黒のコックさんが・・。TVでもおなじみ「たいめん軒」茂出木シェフ監修のフライパンでした。奥さんに言われて「ヘイヘイ」とネットから申し込んだ時もカタログをよく見てなかったので気が付きませんでした。

 エクセディは旧名を大金製作所といい自動車のクラッチを主に製造しています。米中摩擦やコロナに影響をまともに受けて厳しい経営環境に置かれており、株価も2年前の4割を切るとこまで下落しています。私もそこそこ含み損を抱えていますが、今のところ「ホールド」の方針に変わりはありません。

 

※ タイトル画像は、19日(日)に所用で鳥取県米子市へ行った際、米子道蒜山SAから写した大山です。予報では「雨模様」でしたが、実際は青空も見え薄日が差してました。本当なら5月にこの道を通って奥さんと1泊旅行の予定だったんですが、当然キャンセル。早く、気兼ねなく旅行ができる日が来て欲しいですね。

 






 

 

オイレス工業(6282)と宝HD(2531)から優待品

 こんばんは。マタベエです。コロナは東京圏だけでなく近畿圏でも感染者が急増。明日から折角の四連休ですが、今回も『stay home』となりそうです。相場もジメジメと冴えない動きが続いています。

《オイレス工業》

 無給油軸受けで国内5割のシェアを持つオイレス工業より、2020.3期分の優待品として申し込んでいた「南高梅梅干し」が7/14に届きました。

 オイレス工業の優待は年一回。3月末の権利確定で、100株以上で3,000ポイント、300株以上で5,000ポイント、500株以上で10,000ポイント、800株以上で15,000ポイント、1,000株以上で20,000ポイントが貰え、オイレス工業プレミアム優待倶楽部に登録後、WEBサイトで2,000点を超える商品の中から交換が可能です。1年以上の保有で1,000ポイントが追加、3年以上で2,000ポイントが追加される長期優待制度もあります。

 私は300株1年未満なので5,000ポイントを貰い、「南高梅」申し込んでいました。私は梅干しに関しては「減塩」とか「ハチミツ入り」ではなく、できるだけ昔ながらのショッパイ梅干しが好きなのですが、買うとなるとなかなか高く二の足を踏みます。優待なら気兼ねなくいただけるのでうれしいですね。炭酸や焼酎に入れても美味しそうです😊

f:id:shimadaya264:20200718103324j:plain

f:id:shimadaya264:20200718103340j:plain

この他サイトでは2,000点以上から選べる

f:id:shimadaya264:20200717135641j:plain

f:id:shimadaya264:20200717135659j:plain

梅干も買うとなると結構高い

 オイレス工業は、無給油の軸受け(ベアリング)や免震装置のメーカーですが、コロナ禍で主力の自動車向けの業績が急落しており、2021.3期は厳しい経営を強いられ、減配も覚悟する必要がありそうです。ただ、免震装置などは堅調で、ベアリングは機械の回転部分にはほぼ全て使われている部品ですので、中長期的には必ず回復すると期待しています。

 

《宝HD》

 7/17、清酒や焼酎、味醂などでおなじみの宝酒造タカラバイオを傘下に持つ宝HDより2020.3期の優待品が届きました。宝HDの優待は年一回。3月末の権利確定で、100株以上の保有で1,000円相当、1,000株以上の保有で3,000円相当の自社製品(酒類か調味料)詰合せが貰えます。私は100株なので、1,000円相当の酒類(スパークリング酒、清酒、抹茶ハイ)をいただきました。若い頃は二日を空けずに飲んでいたお酒も年とともに頻度も量も減ってきて、今は週に1回程度、夕食時に日本酒を1~2合か焼酎の水割りをコップ2杯程度いただくのが、ささやかな楽しみになっています。

f:id:shimadaya264:20200718103406j:plain

f:id:shimadaya264:20200718103424j:plain

宝の社章が歴史を感じさせる

 株価は900円台で低迷しています。酒造メーカーも飲食業界に連動してコロナ禍の影響が甚大です。コロナが収まり、以前のように気兼ねなく飲み食いできるような環境にならないと業績の回復は難しいようです。

 宝というと甲類焼酎「純」が代名詞ですが、私も貧乏学生だった頃も含め、よくお世話になったもんです。清酒「松竹梅」も宝のブランドです。灘には松竹梅酒造という会社があるので、ここのブランドと思っている方もいるようですが、いろんな経緯を経て、宝のブランドとなっています。また、解散することとなった石原プロとは古くから付き合いがあったらしく、「♬よろこび~のさぁ~けぇ~、しょぉ~ちぃ~くばいっ!♪」のBGMに合わせて石原裕次郎さんや渡哲也さんが松竹梅のCMに出ていたのを今でもよく覚えています。「西部警察」のDVDでも見ながら、頂いたお酒で晩酌といきましょうか😊

東京個別指導学院(4745)と日本管財(9728)からの優待品

    日経は後場で下げ幅を縮めたものの続落・・。コロナ感染者が急増し、GoToトラベルも急転直下の「東京発着除外」となれば、致し方ないでしょう。

 それにしてもコロナへのここ暫くの対応は、国も東京都も無為無策で責任のなすり合いとはひどいもんです。都市部だけでなく地方も含め、多くの国民が我慢に我慢を重ねている中で、具体的かつ効果的な思い切った対策を打ってほしいです。私の住む兵庫県も、本日分の感染者が20人を越え、県が定めた「再自粛要請基準」をオーバーしました。

東京個別指導学院

 7/8ベネッセ傘下で個別指導塾を運営する東京個別指導学院より、2020.2期の優待品としてカタログより頼んでいた「生紅茶セット(神戸紅茶)」が到着しました。奥さん所有銘柄です。7種×4Pなので単純に28回おいしい紅茶がいただけます。もっとも私は貧乏グセが抜けず、1パック3回くらい使い回し、’出がらし’でも平気で飲むので、実際にはもっと多くの回数「楽しむ??」ことができそうです😊

 東京個別指導学院の優待は年一回。2月末の権利確定で100株以上の保有で1,500円相当の品物1品を優待カタログより選ぶことができます。今年は、お米、生紅茶、スープセット、フルーツゼリーなど8品からの選択でした。

f:id:shimadaya264:20200709203053j:plain

優待カタログ

f:id:shimadaya264:20200709203107j:plain

届いた生紅茶

 東京個別指導学院は、文字通り個別指導塾を運営する企業で、「東京個別指導学院」「関西個別指導学院」の名で全国に約250か所の塾を全て直営(FCなし)で運営しています。この他「ベネッセサイエンス教室」や「ベネッセ文章表現教室」なども展開しています。なお、愛知で展開する「名古屋個別指導学院」は別法人が運営しており、全くの無関係だそうです。コロナの影響も他の集団指導型の塾に比べれば小さいのかなと思っていましたが、7/13発表の第一四半期の決算は芳しくなく株価は更に下がってしまいました😞

 

《日本管財》

 7/10日本管財より2020.3期分の優待カタログより申し込んでいた「リーフティーポット」が到着しました。今まで使っていたポットの蓋が壊れたとこだったので丁度よいタイミングでした。東京個別指導学院でもらった紅茶をこれで入れて一層おいしい紅茶がいただけそうです😊

 日本管財は、兵庫県西宮市に本店を構え、ビルメンテ、マンションや環境衛生施設の管理を主業としています。株主優待は3月と9月の年二回。100株以上の保有で、食品や雑貨などが中心の優待カタログ(40~50品)の中から2,000円相当の品を選ぶことができます。三年以上継続保有は3,000円相当のカタログにグレードアップします。私はまだ保有期間が3年未満なので2,000円のカタログからの選択でした。

f:id:shimadaya264:20200717135545j:plain

2,000円相当のカタログ

f:id:shimadaya264:20200717135602j:plain

小ぶりだが早速活躍してもらおう

 日本管財は、業態からも爆発的な成長は望めそうにありませんが、堅実で地に足がついた経営を続けています。多くの同業者が不動産業やホテル事業に進出し経営の多角化を図る中で、日本管財は主業でしっかりした利益を出す経営方針をとってきたことが幸いし、コロナの影響も他に比べ限定的のようです。配当が50円/株で2,000円の優待が年2回。総合利回り4%越えで、投資金額20万円未満で買える、とても優秀で安心感のあるディフェンシブ銘柄です。個人的には、おすすめ優待銘柄として5指に入るくらいだと思っています。

 今年の定時株主総会は、西宮の本店で6/19に行われました。いつもならサブ会場も一杯になるほど盛況な総会なんですが、コロナの影響での来場自粛要請やお土産の廃止?もあったので、今年はどうだったんでしょう。私もコロナがなければ参加予定だったんですが・・断念しました。

ブックオフHD(9278)と長瀬産業(8012)からの株主優待

 今日の日経はアゲッパでしたが、よく見ると全体的には一週前、はたまた月初の水準に戻っただけ・・。日々の上下動に一喜一憂せず、ひたすら優待道??にまい進せねば・・。(そう言いつつ邪念だらけぢゃ!)

ブックオフ

 7/4、2018年に中古本首位のブックオフ持ち株会社として設立されたブックオフHD(本社:相模原市)より、2020.3期分の株主優待として、買物券が送られてきました。ブックオフHDの株主優待は、100株以上保有で2,000円分、200株以上保有で3,000円分、500株以上保有で5,000円分の買物券が貰え、ブックオフなどのグループ企業で使うことができます。3年以上の保有だと、100株以上保有で2,500円分、200株以上保有で4,000円分、500株以上保有で7,500円分に買物券の額がアップする長期優待制度もあります。保有期間には、「ブックオフコーポレーション」の時代の期間も通算されます。

  私は100株を3年未満なので、2,000円分の買物券でした。有効期間は来年6月末までの1年間です。お釣りは出ませんが100円券なので使い勝手はいいですね。

f:id:shimadaya264:20200706202922j:plain

100円券なので使い勝手がいい

 ブックオフというと中古本の買取販売が主というイメージですが、最寄りのブックオフ店は、半ばリサイクルショップ化しており、面白いので見物がてら私達夫婦もよく行きます。他のリサイクルショップとの比較では全体に少しお高めな気もするのですが、他のショップほどボロッちい物は少なく、「しっかりした物」が多いようには感じます。

 業績の方は、巣ごもり需要があるものの「臨時休業」の影響は大きかったようで、現在株価も800円を行ったり来たりと冴えない状況が続いています。コロナが収まっても業績の急速な回復はなかなか望めないかもしれません。

 

長瀬産業

 7/5染料や合成樹脂を扱う商社、長瀬産業より2020.3期分優待として入浴剤が送られてきました。長瀬産業株主優待は年1回3月末権利確定で、100株以上、1000株以上の保有でそれぞれ1,500円相当、3,000円相当のカタログギフトが貰えます。保有期間が6カ月以上だと3,000円相当(6択)と5,000円相当(8択)に、3年以上だと5,000円相当と7,000円相当にグレードアップする長期優待制度があります。

私は、100株で保有期間6カ月未満のため1,500円相当のカタログギフトですが、実質、入浴剤と寄付の2択なので自動的に入浴剤となりました。

f:id:shimadaya264:20200709203309j:plain

f:id:shimadaya264:20200709203352j:plain

保有半年未満は二択。次回を楽しみに・・。

 

f:id:shimadaya264:20200709203145j:plain

届いた入浴剤

 1917年創業の古い企業さんで、特に関西では染料や合成樹脂を扱う会社として結構名が通っており、何の会社かは知らなくても、なんとなく名前ぐらいは知っているという方は多いと思います。

業績は、貿易摩擦やコロナ禍による自動車向けの染料等の需要減のため急速に悪化しており、2020.3期は減収減益となりました。決算書で見ると有利子負債も多く他の指標を見ても、決して良好とはいえない財務内容なので少し不安ではありますが、中長期保有を前提に株価が下がるのを待ち構えていた銘柄なので、来年の優待に向け「ホールド」です。

KDDI(9433)と日伝(9902)からの優待品

 NYダウの下落とコロナ感染者増加を受けて今日は下落。先が読みにくい相場が続いていますが、ここ暫く狭いレンジでの値動きが続き、各種指標を見ても今の価格帯での調整が進んでいることが伺えます。

KDDI

 7/4にKDDIより2020.3期分優待品としてカタログから申し込んでいたシークワーサージュース2本が送られてきました。KDDIの優待は、年一回。3月末の権利確定で、100株保有で3,000円相当、1,000株保有で5,000円相当の品を「au Payマーケット」のカタログより選ぶことができます。連続5年以上保有すれば、100株で5,000円相当に、1,000株で10,000円相当にグレードアップする長期優待制度も付いています。

今回は、酸っぱい物好きの奥さんのご要望もあり、シークワーサージュースを申し込んでいました。

f:id:shimadaya264:20200706202636j:plain

f:id:shimadaya264:20200706202654j:plain

f:id:shimadaya264:20200706202711j:plain

f:id:shimadaya264:20200706202730j:plain

目移りしたが、今回は左上のシークワーサージュースを

 

f:id:shimadaya264:20200706202743j:plain

 早速飲んでみることにしたのですが、おっちょこちょいの奥さんはラベルに「ストレート」と表示されているのを「そのままで」と勘違いしたようで薄めず飲もうとしています。「ストレート」とは「絞ったまま」という意味で、いわゆる「濃縮還元」ではないということで、ラベルをちゃんと全部読めば「5~8倍に薄めて」と書いてあります。すんでのところで奥さんの暴挙を止め、ちゃんと冷水で割っていただきました。「絞ったまま」がよくわかる美味しさです。砂糖や甘味料も入っておらず、普通に柑橘類の渋みもあるので、人によっては「渋い」と感じるかもしれませんが、「これぞしぼり汁!」という感じで、健康志向の私達夫婦には丁度良かったです。いろいろお料理にも使えそうです。しかし奥さん。「私、これやったら薄めんでも飲めそう。」・・あっ。さいですか・・。

 

《日伝》

 産業用機器の専門商社で大阪に本拠を置く日伝より、2020.3期分の優待品として1,000円分のQカードが6/29に送られてきました。日伝の株主優待は、3月と9月の年二回。3月は100株以上で1,000円分、1,000株以上で3,000円分のQカードが貰え、9月は100株以上で1,500円相当の讃岐うどん、1,000株以上で5,000円相当の無洗米5㎏が貰えます。年二回の優待と配当も45円/株出ており総合利回りが4%前後あったので保有していましたが、株価が2,000円を超えた時に利確も兼ね売却しました。理由は株価が上がったことに加え「9月に頂いた優待品のうどんが私達夫婦の口に合わなかった」ことです。あくまで好みの問題ですので誤解のないようお願いします。年二回の優待銘柄なので魅力的であることは間違いありませんから。

f:id:shimadaya264:20200706202452j:plain

 株価はコロナ禍の影響にもかかわらず、コロナ前より高値を付けています。健全経営でキャッシュも余裕があることが好感されているんでしょうか。

川西倉庫(9322)とマルハニチロ(1333)から優待品

 前日のNYダウは大幅下落しましたが、相変わらず日本株は下げ渋りで底堅い動きでした。しかし狭いレンジでの上下動が続き、何だかゆっくりと真綿で首を絞められるような嫌な感じがしているのは私だけでしょうか。

川西倉庫

 6/27物流・倉庫業中堅で神戸市に本拠を置く川西倉庫より、2020.3期分の優待品として1,000円分のQカードが送られてきました。川西倉庫の優待は、3月と9月の年二回。100株以上保有で1,000円分のQカードが貰えます。3年以上の保有が条件で500円分プラスされる長期優待制度もあります。

f:id:shimadaya264:20200701203454j:plain

f:id:shimadaya264:20200701203517j:plain

 1918年設立(個人商店としては1903年創業)の古い企業で阪神名古屋を中心に一貫して倉庫業を営んできました。最近は総合物流企業への脱皮を目指しているようです。

 コロナ禍で国際物流や港湾輸送が滞っている中で倉庫業も厳しい環境にあります。本社もキャッシュが比較的潤沢にあるとはいえ、長期化に備えて金融機関の借入枠の拡大などに動いているようです。株価はコロナで一時急落しましたが、その後戻して指定席である1,000円前後で「安定」しています。

 

マルハニチロ

 水産大手のマルハニチロより6/27に2020.3期分の優待品として缶詰詰合せが届きました。マルハニチロの優待は年一回。3月末の権利確定で、100株以上保有していると、自社グループ取扱商品の缶詰・ソーセージ・海苔・ラカンティーヌ・瓶詰詰合の5点からの選択で1品もらえます。私は缶詰を申し込んでいました。

 内訳は、と・・マグロの油漬3缶、ホタテ貝柱2缶、ズワイガニ1缶でした。過去数年の中身と比べると、マグロの油漬以外は、年によって?変わるようですね。我が家は貝柱も大好きなのでいいですが、以前入っていた「サケの水煮缶」の方が一般向けするような気もしますが、この辺りは好みの問題ですか。

f:id:shimadaya264:20200629210929j:plain

f:id:shimadaya264:20200629210950j:plain

 株価は現在2,000円台前半で、この1年で約3分の2になっています。冷凍食品は好調のようですが、コロナ禍で業務用の需要の落ち込みが厳しいようです。

 マルハニチロは、遠洋漁業捕鯨をやっていたマルハ(旧大洋漁業。㋩ブランド)と北洋漁業中心のニチロ(あけぼのブランド)が合併してできた会社で、水産加工最王手です。合併前のマルハはプロ野球球団「大洋ホエールズ」のオーナー企業でもあったのでオールドファンの方は覚えていらっしゃると思います。肩に㋩のマークをつけたユニフォームで、エースの平松政次(弱小球団にあって名球会入りを果たしたスゲーピッチャーです。)がカミソリシュートを投げていたのを思いだしました😊 今の横浜DeNAベイスターズの前身です。※㋩は、本当は丸の中に平仮名の「は」が入っていました。

 業績も平松のカミソリシュートみたく鋭く曲がってV字回復してくれませんかね。